TOP > ブログ

背脂たっぷりがクセになる!長岡のソウルフード安福亭のラーメン

2021/10/19

背脂たっぷりがクセになる!長岡のソウルフード安福亭のラーメン

地元長岡で、超有名なラーメン店が「安福亭(あんぷくてい)」。

長岡のソウルフードと言ってもいいくらい、地元の人に昔から愛されているお店です。

長岡市に本社を構える弊社としては、まずこのラーメン屋を紹介しなくてどこを紹介するのか!というくらい誰もが虜になるこってりラーメンです。

その「安福亭」本店に行ってきましたので、なぜ皆クセになってしまうのかその秘密と、ラーメンの美味しさを余すことなくお伝えします!

中毒性の高い背脂ラーメン、安福亭本店

中毒性の高い背脂ラーメン、安福亭千手店

「安福亭(あんぷくてい)」は40年以上の歴史を持つ、長岡のソウルフードと言っても良いくらい地元では有名なラーメン店です。

長岡市内に、本店(千手)・神田店の2店舗あります。

店舗によって味が少し異なることから、「本店派」「神田店派」までいるとのこと。

そしてこのお店のラーメンは、燕三条系ともいわれる背脂チャッチャタイプ。

それもそのはず、店主の方が福来亭(杭州飯店の流れを汲む)で修行された方なのです。

お店に入ってすぐの券売機でメニューを選びます。

安福亭券売機

定番が「老麺」。

安福亭ではラーメンではなく「老麺」なんですね。

そして、気になるのが券売機左上の「油入り」「大油入り」…!

元々背脂はたっぷり乗っているラーメンですが、さらに「大油入り」と言って背脂の量を増やすことができます。

今日はどれを食べようか、非常に迷いましたが、ラーメン(老麺)大盛と餃子をオーダー。

安福亭ラーメン

自家製面の太麺で、うどんに近いぐらいのコシのある麺でスープと絡みます。

もちもちしててすごく食べ応えがあります。

背脂たっぷりがクセになる!長岡のソウルフード安福亭のラーメン

スープは豚骨をベースに煮干しをきかせた濃い醤油ラーメン。

それに背油がスープを覆い隠すほどガッチリ入っていて、何とも言えない中毒性を生み出します。

このことを長岡人は給油と言います。私も油切れになると必ず食べます。

普通のラーメン屋ならトッピングで有料なネギですが、安福亭は輪切りのネギと千切りネギがネギが入れ放題…!

今は無くなってしまったようで、千切り派だっただけに残念。

油の量は調整可能です。大油、中油、油抜き、ネギ抜きも可能。

さらに美味しいラーメンの食べ方

いつも私が安福亭でやっている食べ方をご紹介しますね。

ラーメンのタレ 安福亭

赤いプッシュボタンが付いたのが「ラーメンのタレ」

テーブルの上にスープの味を調整できる「ラーメンのタレ」が置いてあります。

食べている途中で「ラーメンのタレ」を2周回しかけると、スープの味が変わります。

だんだん濃い味を欲するようになるので、このタレはおすすめ。

次にブラックペッパーをたっぷり5回ほど連射。

明日まで予定がないときはおろしにんにくを途中で入れ味変させます。

最後まで飽きずに、安福亭のラーメンを楽しめますよ!

餃子やチャーハンもおすすめ

安福亭の餃子

安福亭の餃子も絶品ですので、ぜひラーメンと一緒にオーダーしてみてください。

ビックサイズですが、中身は野菜のザクザク感がよく感じられ肉汁たっぷりの餃子で、タレを付けなくても味がついてます。

また今日はチャーハンは食べませんでしたが、チャーハンも病みつきになる美味しさでおすすめ。

安福亭の神田店は店主の弟さんが経営されています。

微妙に味が違いますので、2店制覇も面白いかと思います。

神田店のタンメンも必食ですよー。

安福亭本店の混雑状況や駐車場の様子

安福亭本店の混雑状況や駐車場の様子

安福亭は移転してからお店がかなり広くなっています。

それでも土日は行列ができるほど混みあいうので、週末は早めに来店した方が良いです。

小上がりや大きなテーブルもあるので、家族連れにも人気です。

席数は全部で33席あります。

安福亭店舗

お店の前に10台ほど停められる駐車場があります。

そこが一杯の場合は、近隣に4箇所別れて駐車場があります。

全部の駐車場で40台ほど停められます。

ラーメン屋でこの規模、人気ぶりが伺えますね。

安福亭本店の店舗情報

 

店名 安福亭 本店
住所 新潟県長岡市柏町1-2-18
アクセス
  • JR上越線の長岡駅から966m
地図
電話 0258-33-3751
営業時間 11:00~20:00
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
定休日 月曜・第3日曜

過去の記事